かじこ の 日々
by kajicohouse
カテゴリ
イベント
スタッフ日誌
NEWS
お問い合わせ
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
[ 日誌 ] 4月14日  大きな音
朝はやく、近所の工事の音で起きる。
古い家を壊してるような大きな音。
出てみたら、お願いしていた家の前の水道管工事。
思ったより 大掛かりでびっくり。

出かけている間に直り、水もジャバジャバ出るようになった。

ここに住みだして数日、使えなかったものを使えるようにすること、
住んでいなかった所を住めるようにすることなど、いろいろ興味深い感覚がありました。

すぐ近くで、レンタサイクルの社会実験があった。
コンテンツを外に依存したいかじことしては、それが恒久になればいいと願います。


f0237479_14431452.jpg
f0237479_14433272.jpg
f0237479_14434937.jpg
f0237479_1444131.jpg
f0237479_14441416.jpg
f0237479_1451059.jpg

[PR]
by kajicohouse | 2010-04-16 14:45 | スタッフ日誌
[ 日誌 ] 4月13日 いざ、屋根裏へ
1Fと2F部分をにとりあえずきのうまで終わらしたので、今日は屋根裏の大掃除。
一番ホコリが溜まっていて、もみがらやら工具やら建具やらわさわさ積まれてる。

荷物をどかして、大量のゴミを出して、濡らした新聞を撒き、インスタのように掃除をする。
いくら拭いても、一瞬だけ茶色になってはまた埃色に戻ってく。こういうのは、ひたするしかないんかな。

田野さんと湯月くんが覗いてくれ、どこよりもはやいAAFの企画間交流。
休憩は、埃っぽい家を飛び出して、裏の土手。

つぶれた旅館から大量の布団を頂戴する。
エレベーターにめいいっぱい布団を入れて、新しい睡眠の形を湯月くんと想像する。

大量の菜っ葉を持って来ると言っていた友達が来れなくなったので、野菜抜きの鍋でしめる。

今日は、平井さん、もめさん、ひろころり、まいまい、湯月くん、田野さん、見学者数名。
f0237479_14183654.jpg
f0237479_1419118.jpg
f0237479_14202082.jpg
f0237479_14203499.jpg
f0237479_14204512.jpg
f0237479_1421073.jpg
f0237479_14213684.jpg

[PR]
by kajicohouse | 2010-04-16 14:21 | スタッフ日誌
[ 日誌 ] 本格的に掃除をする。
4月12日朝、岡山に住む三宅くんのお友達のもめさんと梅ちゃん、
出石町で備前焼のお店を持つ平井さんの協力もと、
雨の中、本格的な掃除が始まった。
マスクをつけて、ほこりと戦う。薬品を使わず、ぞうきんと水でひたすら拭く。

Kajicoは、昔、隠居のためのお屋敷だったらしく、ところかしこに風情がある。
素材にこだわりがあったりして、お茶室もあったりして
薬品を使うとすぐにだめになってしまいそうな、いい家。
5年分といってもずいぶん手を入れてない場所も多くて
拭き終わると全体的に彩度があがる。

嫁入り道具となる立派なタンスはきれいにうるしが効いてて、
木のいいにおいがする。タンス一段一段に鍵がついてる代物。嫁入り道具っていいなあ。
みやけん(三宅くん)が僧侶みたいにみえる。水の通り道が詰まってて、
ヘドロ?を取り除いてたら、テニスボールが出てきた。いつはいったんやろう。
処分されそうな食器も頂く、他にもやかんくれたり、ほんといい家主さん。
家がすこしずつ元気になってきた。

岡山にいる横山くんも尋ねてきてくれたりして、
すこしずつ、なんとなく、事が動き出してる。
明日は二階を掃除して、みんなで鍋をします。晴れますように。

f0237479_305713.jpg
f0237479_3235.jpg
f0237479_322741.jpg
f0237479_324961.jpg
f0237479_33946.jpg

[PR]
by kajicohouse | 2010-04-13 03:09 | スタッフ日誌
[ 日誌 ] はじめて掃除をした日
4月11日昼、家主さんにご挨拶をした後、早速住めるように掃除をする。
築90年となるこの家は、家主さんもこどもの頃から住んでた思い出いっぱいの場所で
つい5年前に家を手放したといえど、5年分のほこりがつもってた。
足の裏はすでに真っ黒。窓を開けたら川から風とおって気持ちいい。
天井のほこりを落としたり、サッシを拭いたり、畳を拭いて
少しづつ、家を触っていく。

落書きとか、古い嫁入り家具、苔のはえたベランダ。
あたりまえに出てくる時間の蓄積が、私たちはとてもリアルに感じてしまった。

f0237479_2381417.jpg
f0237479_2383738.jpg

[PR]
by kajicohouse | 2010-04-13 02:39 | スタッフ日誌
Kajicoについて
岡山県岡山市にある出石町というまちで、空き家を借りてプロジェクトを始めます。
場所のなまえは「かじこ|Kajico」。

舵子(かじこ)という船の操縦をする人のことでもある。
船を操縦する人というのはワンマンではなくて
複数の人がそれぞれに操縦することもあるそうな。
この場所が、様々な物資、文化の航路だった川のほとりにあって、
舟の発着場だった場所もすぐ近くにあって、いろんなものやことが交流していたのもあり、
ここに訪れる人がそれぞれに、舵子となって、
いろんな時間を過ごしてもらえたらと思う。


なによりこの場所を借りる際に「空き家を借りた」と一言では言えないくらいの
一時的とは思えない、家を引き受けた儀式的な出来事があって、
その家の持つこれまでの記憶とか時間を預かった気持ち。
まるで子どもを預かったように大事に、
それでいて、Kajicoと一緒に成長しながら、これからの何かが蓄積できればと思う。

このブログは、Kajicoで起きたできごとをメモしていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。



[ かじこ|Kajico ] メンバー

三宅航太郎、蛇谷りえ、小森真樹



↓大家さんが小さい頃書いた落書き。
f0237479_2244748.jpg
[PR]
by kajicohouse | 2010-04-13 02:24
テスト
f0237479_1321781.jpg

[PR]
by kajicohouse | 2010-04-13 01:32